治療方針

患者様の希望を最大限活かした治療を

患者様の希望を最大限活かした治療を

当院は「あと何回来院が必要か」、「保険外での治療が可能か」など、患者様のさまざまな希望や疑問に最大限お応えすることをモットーにしています。たとえば虫歯の治療ひとつであっても、当日中に終わる治療もあれば、何度か来院していただくような治療が必要な場合もあります。また、歯石の除去など、虫歯の治療後に必要な処置などもございます。審美を目的とした治療であれば、保険外の処置も行っております。これら治療のすべては、患者様と密に話し合いをしながら治療方針として、全体の方向性を決めていきます。

ひとりひとりにとってベストな治療を目指します

ひとりひとりにとってベストな治療を目指します

患者様が具体的にどういった治療を希望されているのか、なるべく短時間で治療を終えてしまいたいのか、それとも治療後のスケーリング(歯垢除去)などもふまえて、時間をかけて治療をされたいかなど、患者様との対話を重要視して治療にあたっています。治療方針について心配事や相談事がある方は、なんなりと仰っていただければと思います。口腔内の健康状態とご希望をすりあわせながら、ベストな治療を患者様と一緒に目指して行います。

患者様とのコミュニケーションを密に取りながら治療をおこないます

患者様とのコミュニケーションを密に取りながら治療をおこないます

やはり口腔内を第三者に見られるというのは、どなたであっても少なからず緊張されるものです。緊張すると、痛みを感じやすくなることもありますので、治療時には、患者様とコミュニケーションを密にとることを心がけています。いまからどういった処置を施すのか、それがわかれば患者様も安心されます。また、時には世間話など、治療以外の話題で会話を交わしながら治療することもあります。治療をおこなうにあたってリラックス効果も期待できますし、「歯医者」という怖いイメージが先行する場所を、明るくカジュアルな空間にしたいという思いもあります。

痛みの少ない施術で、負担の少ない治療を行います

歯の治療というのは「痛い」、「怖い」と思われがちです。しかし、治療器具の機能向上や、麻酔技術の進歩によって、以前と比べて格段に痛みの少ない施術が可能になりました。患者様とのコミュニケーションによって、緊張を解きほぐすことだけではなく、状況に応じて麻酔をほどこすなど、患者様が痛みをなるべく感じないようにすることを日々の治療のなかで意識しています。もちろん重度の炎症を起こしている場合などは、痛みがゼロになるというわけではありません。炎症部分自体に麻酔をほどこしても、効き目が出ないためです。そのような場合には、炎症部分のさらに奥、神経の部分に麻酔を打つなどして、患者様が感じる痛みを最小限にとどめることができるよう、状況に応じて対応を変化させていただきます。

飛び込みの急患にも対応しています

当院は予約制の医院となっています。ただ、歯の痛みや不調などは突然出てくることもありますので、飛び込みの急患にも対応しています。不調を我慢することは患者様のストレスになりますので、急な痛みなどで不安になられた際には、遠慮なく当院にお電話ください。